【スタッフ日記】アウトドアサウナを100%楽しんで頂くために…

こんにちは!スタッフのマリです

今回からスタッフ紹介をしようと考えておりましたが、ちょっとその前に『アウトドアサウナのおさらい』的なブログを書かせて頂きたいと思います☆

というのも、昨今のサウナブームのおかげもあり、また当店をご利用頂いたお客様から広めて頂いたりと、沢山のお客様にご来店頂いており嬉しいことこの上ない今日この頃☆
大変ありがたい口コミも多くいただいてます!

ただ、まだまだ「アウトドアサウナ」というジャンルはそこまで浸透していないようで、ご来店されるお客様の中には時々ほぼ何も持たずにご来店されちゃう方もいらっしゃる次第です・・・(´;ω;`)

そんなわけで、今回は改めてアウトドアサウナを存分に楽しんで頂けるようにちょっとした説明書みたいな感じで書かせて頂こうと思います☆☆

まず初めに

《持ち物》

◎水着、または水に濡れても良い服


スーパー銭湯などの室内浴場ではないので、裸で入る事はアウトドアサウナではできませんので要注意!!

男性はいわゆる海パンがあればOK。
女性の方はできるだけ肌の面積を出して頂いた方がサウナの効果がupするので、ビキニタイプの水着や、スポーツブラ&短パン(私は年齢的に絶対こっち派(笑))がおすすめ☆

時々、ラッシュガードやポンチョを着用ながらサウナに入られる方がいらっしゃいますが、体に熱が伝わりにくくサウナ効果が半減しちゃうのでとっても勿体ないな~って思います(>_<)

◎サンダル


自然を楽しみながらサウナを楽しんで頂く場所なので、水や砂が付いても大丈夫なサンダルを是非お持ちください☆

◎タオル


濡れた体を拭いて頂くためのバスタオル☆

川から上がった後の外気欲をされる前やポンチョを着る前に濡れた体を拭けるフェイスタオルもあると個人的にはより良いかと思います☆
と言うのも、体が濡れたままの外気欲は夏場以外はあまりおすすめできないのです。

サウナで体を温め、川のお水で冷やすことで、深部体温が保持されます。

その素晴らしい状態で濡れたままで外気浴をしてしまうと、寒い時期はより急激に体温を奪ってしまうので、外気浴中のいわゆる「ととのい時間」の質を下げてしまうことになりかねないのです。
なので、できるだけ川から上がった後は体を拭いてポンチョを着て頂ければと思っております☺

《楽しみ方》

◎まずは水着や濡れても良い服になってサウナに入りましょう!!


薪の燃える音、香りを存分に楽しんで頂けたら幸いです☺

テントサウナは熱くないと思われがちですが、当店のサウナは熱々です(笑)

スーパー銭湯などの施設サウナに負けないぐらいの良いサウナになっておりますので、決して我慢と無理をして長時間入らないようにお気をつけください!
当店のサウナがすごい理由!

◎川に入りましょう!!


こちらも無理は禁物ですが、サウナに何度も入っているうちに体が芯から温まってくるので、その時は少し勇気を出して肩まで頑張って入ってみてください☆
意外に入れちゃいますよ☺

◎外気浴


できるだけ、タオル等で体の水分を拭きとって頂いたら、あとはもう、自然の心地よさに身を委ねるだけ….。

風の音、鳥のさえずり、川の音…

そこに余計なものは一切なく、ただただ純粋にサウナの素晴らしさを感じて頂けるかと思います☺

また、サウナ通ならご存知のインフィニティーチェアですが、倒し方が分かりづらいので倒せない時はスタッフまでお気軽にお声がけくださいね☆

===========================

最後に…

お昼の番組でもサウナが取り上げられるくらいにサウナブームの人気は増しておりますが、まだまだサウナ自体を知らない人は私の周りでも多く、アウトドアサウナは特に全く知らない人ばかり(笑)

だから、まずはサウナの素晴らしさを知って欲しい☆

そして、この自然の中の最高に気持ち良いアウトドアサウナを沢山の方に知って欲しいなぁって思っています☆

サウナは年齢も性別も職業も関係なく、また老若男女みんなが平等に楽しめる場所だと思うので是非是非気軽にいらして下さい☆☆

そして、分からないことがあれば何でもお気軽にお尋ねください☆

私たちSHIFUKUのスタッフはお客様が素晴らしい時間を過ごせるようにそのお手伝いが出来ればと思っておりますので☺

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP