サウナストーンって、どんな石でもいいの?

今回の記事は、サウナストーンについてです。
サウナストーンはサウナに置いて重要な役割を担っておりますが、その選定についてお伝えしようと思います!
これは私オーナーも開業前は全然知らなかったです…笑
みなさんもぜひ頭に入れておいてください!

サウナストーンはどんな石でもいいわけじゃない!

テントサウナなどを行うとき、河原の石をサウナストーン代わりにしちゃうと大変なことになる可能性があります!
河原の石は主に「堆積岩」といわれる種類で、数々の石や砂が長い年月をかけて石が積み重なり、その重みで固まったものです。
堆積岩の表面や内部には空洞が多くあり、これが非常に危険!
石が熱された状態で水をかける(ロウリュする)と、空洞に水が入り蒸気になります。
そうなると、空洞の中の圧力が急激に上昇し、爆発する可能性があります!
怖いですね〜!

適切なサウナストーンの種類

サウナに適しているといわれている石の種類は主に「深成岩」と言われるもので、マグマが冷えて固まってできた石です。
花崗岩、かんらん岩、斑れい岩など、深成岩の中でも様々な種類がありますが、かんらん岩成分の割合が高いほど、蓄熱性やサウナストーンに適していると言われています。
当店のサウナでは、かんらん岩の割合が非常に高い、最高品質のサウナストーンを使用しております!
参照元:madsaunist サウナストーンは地球からの贈り物

サウナストーン使用時の注意点!

適切なサウナストーンを購入、開封してさぁ石積みしよう!となる前に、やっておくべきことがあります!
それは、サウナストーンの洗浄です。
サウナストーンには、採掘時に付着した微細な粉塵等が付着しているため、使用前に一度洗った方がいいです!
さらに、サウナストーンに亀裂や割れがないことをしっかり確認した上で使用しましょう。

サウナストーンについてのご意見やご質問大歓迎です!
私もまだまだ勉強中の身なので、色々教えていただけると幸いです!
今回は以上です!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP